配慮力もあり、精神的にもハッキリとしていて、昼寝後3〜4時間は高い生産性で活動する事ができました。

コンピューターの速度が遅くなって、きちんと反応しない時がありますよね?でも、再起動すればスピードやパフォーマンスが元に戻っているはず。

睡眠の専門家は、時間がない時は、10〜20分間集中して昼寝をすれば、注意力が急速に回復し意識もはっきりするといいます。

すると、20分間昼寝をした後は気分がよくなっていたのです。

でも、昼寝をした後にフラフラしたり、かえって疲れていると感じる事はありませんか?なぜでしょう?マイケル・ブルース博士によると、30分以上睡眠時を取った場合、それは深い眠りになってしまうとの事です。

如何にすれば睡眠時を最小限にし、普段暮らしにも支障をきたさず生活できるのかを知りたかったからです。

また、90分程度の昼寝は、睡眠のパーフェクトなサイクルに入るもので、想像力や感情、申込み手順記憶のパフォーマンスを助けるといいます。

一方で、1日が終わりに近づくと認識キャパシティーがハッキリとしない事にも気づきました。

その時に、睡眠サイクルについて調べてみたのです。

昼寝をした後に、寝る前よりも気分が悪くなったという経験は、これが原因。

昼寝をした時に悪夢を見たとしたら、あなたは睡眠障害の可能性があります。

もし、貴女がちょっと休みたいと思っているのなら、5〜20分の昼寝が最適でしょう。

昼寝はいいものです。

わずかな間の昼寝をしたいと思っているなら、深く眠ってしまわないよう座っておきましょう。

研究によると、短時間の昼寝は覚醒感を高め、認知能力を向上させるようです。

最適な昼寝の手段とは、一体何でしょうか?昼寝とは、コンピューターの再起動のようなもので、脳の働きを高めます。

睡眠スタイルを移行している過程で起こりうることだったのかもしれませんが、脳が充分な睡眠を得ていないと感じました。

深い眠りによってパフォーマンスを回復させたいと考えているのなら、60〜90分をオススメします。

これくらいの時であれば、常に使うことが可能なはず。

この手続き記憶とは長期記憶の一種。

メドニック博士によると、60分程度の長い昼寝は、脳の認知能力を再び高めるために効果的との事。

レム睡眠は、びしっと寝ていても眠くなる「睡眠慣性」の現れて率を最小限に抑えられるといわれています。

夜遅い時間や、何か大事な事の前、ゲームでボスを倒す前など、注意力が不可欠な時には短めの昼寝が効果的でしょう。

私には、起きている時を最大限に長くしようとしていた時期がありました。

自転車に乗る手段などを学ぶ時に使います。

わずかな間で多くの良いところを生み出すことができるという点で、昼寝は再起動とよく似ています。

長く寝すぎてしまうために、抜け出しにくい睡眠段階に突入してしまうのです。

私は軸となる睡眠の他に、20分間の昼寝を何回か行う事にしました。